読書

読みたいことを書けばいい

ブログをはじめて、どんなことを書いたらいいか考えていたときTSUTAYAで見つけた本

今思うと、本のタイトルが非常にキャッチーだった。

文章なんてほぼ書いたことのない俺がブログをはじめてしまったのだから、こんな救いのある本のタイトルは見逃せるはずがなかった。筆者の思うつぼで購入してしまった。

読んでみた。タイトルの通りだった。

タイトル読んだらもう読まなくてもいいんじゃんw

ってほど、しっかり要約されているタイトルだと思うw

著者、田中泰延さんの自己紹介と書いた記事の紹介、文章術コラムが3つ、そして本文という構成でできている。

なかなかの読み応えのある本だ。

田中さんの書いた記事の紹介でQRコードが付記されていて本に書いていない記事も読める。紹介されている記事以外も読んでいたら、いつ読み終わるかわからないw

映画の紹介などもやっていて、MADMAX怒りのデスロードをAmazonプライムビデオで見てしまった。199円だった。ブログにも書いてみた。

 

ぷちっ  うほっほーーひゃっはーーーーー

 

とはならなかったが、ブログを書くこともできたし、もっと映画見て書いてみたいとも思えたので良かった。

コラムでは履歴書の書き方なんてのも書いていて、すごく共感できた。こうゆうのをやってみたい。

まあ45歳にもなって、履歴書を書いて面接に行くなんて一大決心ですよ。冷やかしに行くのは、さすがにどうかと思いますのでやめときますがw

人の興味をひくのが大事だってことが良くわかりました。

書くために読んだほうがいい本も紹介されていた。古典や長編の本がたくさん紹介されているwすごく興味をそそられるが、本好きな人が、これまた長いとか言ってるような本、

俺が読んだら読み終わるのは、いつになるかわからないw

こんなにも本が読みたいと思うことがあるなんて、俺の人生で想定していなかったことだ。

今からたくさんの本を読もうと思うと、残された時間は少ないんだな。なんて思うほど本てある。どーゆー選び方をすればいいかが大事になってくる。

話はそれるが、youtubeも生まれてから死ぬまで、ずーーーーと見てももう全部見ることが出来ないくらいの量があるらしい、どんなに通信速度が上がろうと、もう全部は観られない。やっぱりどう選ぶかが重要になってくる。youtubeにおすすめされる動画にすごく影響を受けている俺は、Googleに操られている気すらするw ある意味怖いです。

いつかここで紹介されている本も読んでわかる日が来るのだろうかw

文章を書く人はとにかく良く調べるだなとは思っていた。

参考文献とか巻末にすごいたくさん書いてある本は多いし

俺なんかが頑張って調べても、なんか追いつけない感が っぱない

でも、読みたいことを書けばいい のである。

まずは自分が読んで楽しくなれればいいってさ。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

-読書

Copyright© ゆうBLOGS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.